中島病院診療科

内科 消化器内科

呼吸器内科 循環器内科

糖尿病内科 腫瘍内科 

腎臓内科 感染症内科

リハビリテーション科

中島病院受付時間

午前:8時~11時30分  

   (8時30分診療開始)

 

午後:1時~3時30分

   (2時00分診療開始)

中島病院休診日

日曜日、祝日

木曜日の午後

土曜日の午後

夏季(8月14・15日)
年末年始

(12月30日~1月3日) 

診察案内詳細はこちら
中島病院アクセスマップ

〒708-0052

岡山県津山市田町122

医療法人和風会中島病院 アクセスマップ
中島病院アクセス詳細はこちら

求人案内

当院の安全管理について

個人情報保護方針

日本医療機能評価機構認定施設

>
>
医療事故安全推進対策委員会

医療事故安全推進対策委員会

 

院内各科における医療事故およびヒヤリ・ハット事例の収集、分類統計・分析・検討を中心に活動しています。

 

医療事故

医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故で、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤・過失の有無を問わない。

  1. 死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害および苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合
  2. 患者が廊下で転倒し負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合
  3. 患者についてだけでなく、注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合

ヒヤリ・ハット事例

患者に被害を及ぼすことはなかったが、日常診療の場所で“ヒヤリ”としたり“ハット”とした経験を有する事例。

 

具体的には、ある医療行為が

  1. 患者に実施されなかったが、仮に実施されたとすれば、何らかの被害が予測される場合、
  2. 患者には実施されたが、結果的に被害がなく、またその後の観察も不要であった場合、

などを指す。

 

医療事故の分類

 

レベル0

間違ったことが発生したが、患者には実施されなかった場合

レベルHR

レベル0の状況であるが、実施されれば「レベル4~5」が予測される場合

レベル1

事故による患者への実害はなかったが、何らかの影響を与えた可能性がある。
観察を強化し、心身への配慮の必要性が生じた場合

レベル2

事故によりバイタルサインの変化が生じ、患者への観察強化または検査の必要性が生じた場合

レベル3

事故により治療が生じた場合
必要でなかった治療、処置の必要性や入院日数の増加

レベル4

事故により永続的な障害や後遺症が生じた場合

レベル5

事故が原因で患者が死亡した場合

 

年間レベル集計表(件) 

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
R-0 30 33  107 45 67 50
R-HR 22 33  58 40 26 54
R-1 521 450  425 349 299 344
R-2 103 219 301 243 229 323
R-3 98 153 188 199 110 183
R-4  ※2
R-5  0
774 888 1081 876 731 954

 

※ 重大な医療事故の概要

平成25年   2例(同一事例  発見者・担当者の2名より報告書提出)

 

発生      平成25年6月

 

事例の概要   70代男性:一酸化炭素中毒症にて入院中

        病室前に仰臥位で倒れているところを、私用で来ていた病院職員が発見し、

        看護師に報告。

        CT検査の結果、硬膜外出血が認められ転院となった。

 

事例の対応   日頃より指示したことが伝わりにくく、いつ動き始めるか予測は困難であった。

        自己判断にて行動し、転倒することが多かったため詰所前の部屋に転室し、

        夜間などのスタッフの人数が少ない場合は車イスにて看護師とラウンドを

        共にするなどの対応をしていた。

        事例発生後、チームで事例検討を行ない振り返るとともに、再発防止に向けての

        対策を考えた。